京都子供の音楽教室

TEL (075) 255-4262
FAX (075) 255-4272

お問い合わせ

アクセス

よくあるご質問

リンク

指導教員の紹介

Top > 指導教員の紹介

(五十音順)

荒木裕子

荒木裕子

京都市立芸術大学音楽学部声楽専修卒業。
ニューヨーク・ダルクローズ音楽学校、マンハッタン音楽大学でリトミックを学び、ボストン・ロンジー音楽学校にてリトミック国際サーティフィケート取得。カーネギーメロン大学にてリトミック国際ライセンス取得。
リトミック指導者の養成、子どもたちへのリトミック指導、音楽表現のためのボディトレーニングの研究、音楽の視覚的表現プラスティック・アニメの分野で活動中。
現在、名古屋音楽学校リトミック指導者養成科講師、京都市立芸術大学音楽学部音楽教育研究会京都子どもの音楽教室特別研究員、日本ジャック=ダルクローズ協会(FIER日本支部)理事。

池田明子

池田明子

作曲、編曲家。京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻卒業。
京都市立芸術大学音楽学部非常勤講師(2008-9)。
2008年より、兵庫県立芸術文化センター佐渡裕主宰「スーパーキッズ・オーケストラ」オーケストラマネージャーおよびアレンジャーを務める。
華頂女子高等学校音楽科講師。
在学中より、舞台、イベント、セレモニーになどへの楽曲提供、美術作品とのコラボレート、コンピューターミュージックのための楽曲、室内楽作品の制作などをおこなう。
2009年京都市美術館第一期所蔵コレクション展にて新作発表及び2ヶ月間の会場音楽の提供を行う。
現代音楽集団「クラムジカ」に参加。親子のための現代音楽ワークショップシリーズや、ピアノ作品などを発表。
2015年、絵画作品の上に楽譜を制作するという新しい試み「造形からの作曲」シリーズを開始。
編曲活動として、兵庫県立芸術文化センター管弦楽団、京都市交響楽団、群馬交響楽団、京都フィルハーモニー管弦楽団、 セントラル愛知交響楽団などへのオーケストラアレンジの提供をおこなう。
これまでの楽曲提供アーティストは、JUJU、salyu、藤澤ノリマサ、比嘉栄昇(BIGIN)、スーパーキッズ・オーケストラ、京都市少年合唱団ほか。
楽曲提供イベントとして、「シンフォニック・エヴォリューション 京都市交響楽団」、毎日放送企画「水野真紀魔法のレストランコンサート」(2011,2012,2013)、 NHK名古屋「わぉ!まるごと中部。ネイチャー・コンサート」公開収録(2015)、 群馬県高崎映画祭30周年記念式典前夜祭「Symphonic Night 華原朋美 with 群馬交響楽団」(2016)などがある。

石アまなみ

石アまなみ

華頂女子高等学校音楽科卒業。
京都市立芸術大学音楽学部声楽専修卒業。
日仏音楽協会主催フランス音楽コンクールにてフランス総領事賞受賞。
リサイタル「MANAMI」「竹久夢二の世界」開催。
カーネギーホールにて「竹久夢二・夢二の愛した女たち」に出演。
その他数々のコンサート、ディナーショウ等に出演。
金沢湯涌夢二館限定発売CD
「組曲・湯涌なる1917湯涌YUWAKU」では歌唱担当。

石塚 俊

石塚 俊

13歳からチェロを始める。
2009年、京都市立芸術大学音楽学部卒業。「Phoenix OSAQA2008」、「富山室内楽フェスティバル2008、2010」などに参加、出演。
ホームページ チェリスト石塚俊  http://shun-ishizuka.jimdo.com/

石原由佳子

石原由佳子

京都市立音楽高等学校(現京都堀川音楽高校)を経て京都市立芸術大学音楽学部ピアノ専攻卒業。卒業演奏会に出演。同大学院修士課程修了。
97年朝日推薦演奏会に出演。01年京都ピアノコンクール金賞受賞。02年堺国際ピアノコンクール奨励賞受賞。03年京都音楽家クラブ主催新人演奏会に出演。京都芸術祭デビューコンサートに出演し、京都芸術祭新人賞を受賞。04年万里の長城杯国際音楽コンクール第1位。05年ジョイントリサイタル「新進演奏家の夕」に出演。06年ショパン国際ピアノコンクールin ASIA 銅賞受賞。07年京都フランス音楽アカデミー受講生コンサートに出演。10年宝塚ベガ音楽コンクール入選。
09、15年には青山音楽記念館バロックザールにてソロリサイタルを開催。 京都フランス音楽アカデミー、フランス・ナンシー夏期音楽講習会、フランス・クールシュヴェール音楽アカデミーなどに参加。

井尻和喜

井尻和喜

京都市立音楽高等学校(現京都堀川音楽高校)、京都市立芸術大学を経て、同大学大学院音楽研究科修士課程ヴァイオリン専攻修了。
第14回日本クラシック音楽コンクール全国大会入選。マキ音楽学院講師。 ヴァイオリン・ヴィオラ奏者として関西のいくつかのオーケストラに客演、また室内楽コンサートに出演。後進の指導にも力を注いでいる。

井尻由佳

井尻由佳

京都市立堀川高等学校(現京都堀川音楽高校)声楽専攻卒業。 同志社女子大学学芸学部音楽学科声楽専攻卒業。
後、同大学音楽学科研究室にて実習助手を務める。 銀の星たちジョイントリサイタルをはじめ、ジョイントコンサート、チャリティコンサートに多数出演。 また、地域の文化フォーラム等にも出演。 宗教曲、ブリテン「キャロルの祭典」・モーツアルト「戴冠ミサ」等、ソプラノソロ。 最近では、2007年9月、アグネス・グロスマン指揮、ハイドン「戦時のミサ」、2012年5月、ヴィヴァルディ「グローリア」のソプラノソロを務める。 ソロ活動のほか、多方面とのアンサンブルや合唱にも取り組んでいる。 合唱団とともに、ヨーロッパ各地、アメリカ・オレゴンなどで演奏。 現在、京都シティーフィル合唱団ヴォイストレーナー、アンサンブルアンダンテメンバー、京都ゲヴァントハウス合唱団に所属。日本ジャック=ダルクローズ協会会員。

加藤ゆか

加藤ゆか

第40回全日本学生音楽コンクール大阪大会高等学校の部第2位。
京都市立堀川高等学校音楽科(現・京都市立京都堀川音楽高校)卒業。
ウィーン夏期特別コースに参加し、ローラント・ケラー教授の指導を受ける。
京都市立芸術大学音楽学部ピアノ専攻卒業。
第2回吹田音楽コンクール入選。

川勝一摘

川勝一摘

堀川高校音楽科(現・市立京都堀川音楽高校)を経て、京都市立芸術大学音楽学部音楽科ピアノ専攻卒業。子どもの音楽教室にはウン十年、若い先生たちの中で頑張っています。JR嵯峨野線で京都から一時間程の地域に住んでいますが、この2〜3年、そこでのピアノコンサートに力を入れつつあります。自作のお話で語り手とピアノ演奏のコラボレーションというかたちの演奏会なども試みています。これからも、生あるものを題材に、かけがえのないものとはなんだろう?と自身にも問いかけつつ、おはなしづくりを楽しみながら、またピアノの調べと合わせていきたいと思います。
ピアノを弾くって、なんて楽しいんだろう!生徒さんたちに少しでも還元できれば幸いです。

木下阿由見

木下阿由見

京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻卒業、同学大学院修士課程修了。
著書に「ハ音記号スタディ〜12のトレーニング〜」、「臨時記号スタディ〜受験生を伸ばす視唱課題集〜」(ともにカワイ出版/共著)ほか。

日下部祐子

日下部祐子

京都市立芸術大学音楽学部卒業、同大学院修了。
フランス音楽コンクール入賞、大阪日仏協会賞他受賞。飯塚新人音楽コンクール第三位。友愛ドイツリートコンクール第一位。平成三年度文部大臣奨励賞他多数受賞。オペラや第九やミサ曲、合唱作品、アンサンブルのソリストとして各地のオーケストラや内外のアーティストと共演のほか、ソロシンガーとしても定評がある。関西を中心に東京・九州など日本各地、又ヨーロッパ各国(ドイツ・オーストリア・オランダ・チェコ)で活躍中。

後藤沙央里

後藤沙央里

大阪府出身。京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻卒業。卒業演奏会に出演。
大学在学中にオリジナルミュージカルの楽曲制作を行う。
現在、幅広いジャンルでの活動を目指し、作曲・編曲を行っている。

後藤真利子

後藤真利子

京都府出身。京都市立音楽高等学校 (現京都市立京都堀川音楽高等学校) を経て、京都市立芸術大学音楽学部ピアノ専攻卒業。ポーランド国立ショパン音楽大学研究科修了。
2010年、京都青山バロックザールにてソロリサイタル「ショパンとシマノフスキ ポーランドに想いをよせて」を開催。2012年、ホテルオークラ東京にて「ピアノリサイタルの夕べ」、淡路島、大津にて河合楽器製作所主催 新 SK 発表記念コンサート、横浜にて日本・ブルガリア文化交流演奏会 などに出演。 2013年、京都コンサートホールにて文化庁・日本演奏連盟主催 リサイタル「東欧からパリへ リストとショパン」を開催。 2014年、Office Laid BackよりCD アルバム「 W Ogrodzie Saskim… 」を発売。2015年、駐日ポーランド共和国大使館にて若手ポーランド人チェリストと共演。伴奏、室内楽などでも活動の場を広げている。
現在、大谷大学短期大学部非常勤講師。

小林 裕.

小林 裕.

小学5年生時に京都市少年合唱団団員として合唱の世界に身を投じる 、その後、京都市立堀川高等学校音楽科を経て、京都市立芸術大学音楽学部声楽専修を卒業、大学在学中、フランス(パリ)へ渡り声楽と語学を研鑚。
音楽を通して、人々に喜びと癒しを与えるべく、”音楽道者”として、指揮、演出、指導、作編曲、歌唱活動を行う。 また、フランス歌曲の訳詞、楽曲解説等も手がける。
CoroMizuo指揮者、京都市立洛西中学校PTAコーラス部指揮者、グリューネル・ヴィント指揮者、花園流青鳳会声楽指導者、神戸フォーレ協会会員。

小松淳史

小松淳史

京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻卒業。同大学大学院音楽研究科作曲専攻を「大学院市長賞」を得て修了。大学院在学中、ウィーン国立音楽大学に交換留学生として派遣される。
<現音in関西>「宮本妥子パーカッションリサイタル」の公募作品に選出される。 第20回奏楽堂日本歌曲コンクール作曲部門「一般の部」入選。
現在、同志社女子大学嘱託講師。

佐渡春菜 (ピアノ)

佐渡春菜

京都市立音楽高等学校(現京都堀川音楽高等学校)卒業。京都市立芸術大学音楽学部ピアノ専攻卒業。
第6回大阪国際音楽コンクール入選。京都芸術祭にて、亀岡平和未来賞、亀岡市長賞を受賞。第2回アルカスピアノコンクール第2位。ソロ、室内楽、オーケストラ、伴奏、録音などの分野で幅広く活動している。
2015年LucktyJapanよりCD「道化芝居のための音楽〜クラリネット、トランペットとピアノのためのトリオ〜」をリリース。
京都造形芸術大学非常勤講師。京都市立芸術大学音楽学部教育研究会京都子どもの音楽教室常勤講師

佐藤亜友美

佐藤亜友美

京都市立京都堀川音楽高等学校卒業。ピアノコンサート、卒業演奏会に出演。京都市立芸術大学卒業。
第27回ピアノフェスティバル、第34回関西音楽協会主催アンサンブルの夕べに出演。 第16回長江杯国際音楽コンクール第2位。第19回大東楽器ピアノフェスティバル、グランプリ。 第13回ローゼンストック国際音楽コンクール、奨励賞。大阪国際音楽コンクール、日本演奏家コンクール、日本クラシック音楽コンクール、全国大会入選。
2014年フランスMusicalp夏季音楽セミナーに参加、Pascal Devoyon、村田理夏子氏に師事。 枚方演奏家クラブ会員。
現在、小学校の音楽専科非常勤講師、ピアノ教室の講師。

清水希

清水希

京都市立音楽高等学校(現京都市立京都堀川音楽高等学校)を経て京都市立芸術大学音楽学部声楽専攻卒業。同大学院音楽研究科修士課程修了。
京都音楽家クラブ主催新人演奏会に出演。
第19回KOBE国際音楽コンクールC部門奨励賞受賞。
京都音楽家クラブ会員。

谷光信

高谷光信

京都市立堀川高等学校音楽科(現・京都市立京都堀川音楽高等学校 )を経て大阪音楽大学音楽学部器楽学科卒業、2003年5月キエフ国立チャイコフスキー音楽院指揮科首席卒業。
2007年3月ウクライナ・チェルニーゴフフィルハーモニー交響楽団(2002年〜2007年首席客演指揮者)と共に『シベリア国際音楽祭』等に参加し第2指揮者に就任する。
現在までに大阪交響楽団(旧、大阪シンフォニカー交響楽団)、大阪市音楽団、瀬戸フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団、東京室内オーケストラ、愛知室内オーケストラ、エウフォニカ管弦楽団をはじめ、 国内外の多くのオーケストラを指揮している。
合唱の分野で東京混声合唱団とは、2007年2月に初登壇以来、文化庁「本物の舞台芸術体験事業」をはじめ数多くの共演を重ねている。
また福山シティーオペラ合唱団(指揮者)をはじめ、これまでに関西シティーフィルハーモニー合唱団、早稲田大学グリークラブ、大正第九合唱団、京都ラ・ルーチェ合唱団等の指揮指導にもあたっている。
第16回京都芸術祭京都市長賞受賞。仁愛女子大学音楽学科、武庫川女子大学音楽学部、名古屋芸術大学非常勤講師。現在、ウクライナ・チェルニーゴフフィルハーモニー交響楽団 
常任指揮者 ホームページ http://m-takaya.com/

田島貴久子

田島貴久子

京都市立堀川高校音楽科(現在の京都市立京都堀川音楽高校)、京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻卒業。
現在、京都市立芸術大学音楽学部 音楽教育研究会 『京都子どもの音楽教室』特別研究員、日本女性作曲家連盟所属。

長岡円香

長岡円香

京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻卒業。
京都府舞鶴市出身。編曲、楽譜制作、伴奏活動を行う。現在は舞鶴市を中心に演奏会の企画、後進の指導にも取り組む。

西野由子

西野由子

この音楽教室の出身で堀川高校音楽科、愛知県立芸術大学ピアノ科の卒業です。
授業に対するモットーは、まず、基本に忠実に、ひとつずつ積み上げていくこと。説明は分かりやすく、そして勉強することは楽しいと思えるようになってもらえればうれしいと思います。 最近は、受験生の楽典(音楽史)などもしていますが、どの本もピッタリというものはないので、問題もほとんど自分で作っていますが、今になっての新しい発見もあり、私自身も勉強することは楽しいと感じています。
また、この教室はひとりでは出来ない合唱や合奏・オペレッタなどを通して、みんなと楽しく時には競いながら勉強できるのが魅力的なので、いろいろな経験の中から自分に合うもの、好きなことを見つけていってほしいと思います。

西脇小百合

西脇小百合

京都市立京都堀川音楽高校を経て東京芸術大学音楽学部ピアノ専攻卒業。その後パリエコールノルマル音楽院にて研鑽を積む。
第43回全日本学生音楽コンクール大阪大会中学校の部第一位。91年京都ピアノコンクール第一位。95年秋田大曲新人音楽祭室内楽部門入賞。99年フランス音楽コンクール第一位、併せて稲畑賞受賞。
国内外でフランス音楽を中心にソロリサイタルやコンサートを開催し、ソロ・室内楽・伴奏・録音・チェンバロなどの分野で幅広く活動している。また多くのマスタークラスやコンクール、講習会の公式伴奏者も務めている。
2004年より合唱教材(教育芸術社)や日本歌曲(ファウエムミュージックコーポレーション)の録音にも携わり多くのCDが発売されている。

橋本典子

橋本典子

京都市立芸術大学音楽学部作曲専修卒業。
ポワティエ夏期音楽大学フーガクラスを終了。1991年に和太鼓ユニット“Iwakichi & Noriko”を 結成して、スウェーデン、イギリス、ベルギーの民族音楽祭に参加し、コンサートとワークショップを行う。スウェーデン国立打楽器合奏団”クロマータ“と共演。CD「心の響きを求めて」を製作。

波多野聖子

波多野聖子

京都市立音楽高校(現 京都市立京都堀川音楽高等学校)を経て、京都市立芸術大学音楽学部ピアノ専攻卒業。
ショパン国際ピアノコンクールinASIA奨励賞、京都ピアノコンクール最高位、大阪国際音楽コンクール入選など。
京都芸術祭・なにわ芸術祭などに出演。大阪センチュリー交響楽団とベートーヴェンのピアノ協奏曲第五番を共演。
09'11’年には、室内楽リサイタルを開催。マキ音楽学院講師。
ピアノソロ・室内楽・伴奏を主に活動し、後進の指導にも力を注いでいる。

原野尚起

原野尚起

沖縄県立芸術大学器楽専攻ピアノコース卒業。
日本ピアノ調律師協会主催による第9回九州新人演奏会に出演。第23回日本クラシック音楽コンクール第5位入賞。 第9回横浜国際音楽コンクール審査員奨励賞受賞。第26回京都フランス音楽アカデミーに於いて、ジャン=マルク・ルイサダ氏のクラス課程を修了。
現在、ソリスト、伴奏ピアニスト、指導者として関西を中心に活動中。

藤井 智子

藤井 智子

4歳よりバイオリンを始める。京都市立芸術大学 音楽学部 器楽科卒業。
オーストリア クラーゲンフルトでのセミナーにてディプロマ取得。 9.11テロ追悼コンサートinローマに参加。
指導と、バイオリン、ビオラでの演奏活動を行なっている。

藤川怜美

藤川怜美

京都府城陽市出身。京都市立音楽高等学校(現京都市立京都堀川音楽高等学校)、京都市立芸術大学音楽学部ピアノ専攻を経て滋賀大学大学院卒業。
京都市立芸術大学主催、第26回ピアノフェスティバルに出演。滋賀大学大学院在学時にピアノTAを務める。 ノーヴィ国際音楽コンクール銅賞、ベーテンピアノコンクール全国大会入選。 京都芸術祭「デビューコンサート」をはじめ他多数出演。
現在、ソロや伴奏など多方面で演奏活動を行っている。大阪成蹊大学ピアノTA講師、京都第一赤十字看護専門学校非常勤講師。

藤森 彩

藤森 彩

京都市立堀川高校音楽科を経て、京都市立芸術大学音楽学部卒業。
音楽学部賞、京都音楽協会賞受賞。ドイツ国立カールスルーエ音楽大学大学院ヴァイオリン専攻、室内楽専攻を共に最優秀賞を得て卒業。
バロックヴァイオリンも学ぶ。同大学院在学中、アウガーテントリオ(ピアノトリオ)を結成し、2001年度バロックザール賞受賞。 プフォルツハイム歌劇場オーケストラ、南西ドイツ放送管弦楽団など、オーケストラで研鑽を積んだ後、ロータス・カルテットの第二ヴァイオリン奏者となり、ヨーロッパ各地で活動。南西ドイツ放送ラジオ、オーストリア放送ラジオに出演のほか、シュヴェッツィンゲン音楽祭、ラインガウ音楽祭など、ドイツを始めヨーロッパの多くの音楽祭に招かれた。2003年に発売されたCD『シューマン:弦楽四重奏曲全集』が平成18年度文化庁芸術祭優秀賞を受賞。
2013年帰国。現在、室内楽を中心に活動する傍ら、後進の指導にあたっている。

古川葵

古川葵

京都市立音楽高等学校(現京都市立京都堀川音楽高等学校)を経て、京都市立芸術大学音楽学部卒業。
これまでにPhoenix OSAQA、二ース夏期国際音楽アカデミー、草津国際音楽アカデミー、ニューヨーク・サミット・ミュージック・フェスティバルに参加。第15回日本演奏家コンクール全国大会入選。2014年宇治ムジーククライン室内合奏団と共演。
現在、ヴァイオリンを指導する傍ら、関西を中心に様々なジャンルで演奏活動中。

細木一子

細木一子

大阪音楽大学短期大学部ピアノ専攻卒業。同専攻科修了。
国内外にてダルクローズリトミックの研鑽を重ね、ダルクローズ国際免許サーティフケイト取得。
ein音楽院代表。日本ジャック=ダルクローズ協会会員。日本ベアタ・ツイーグラー協会会員。日本音楽審査協会審査員。

細辻秀美

細辻秀美

滋賀県立石山高校音楽科、京都市立芸術大学音楽学部卒業。
ウィーンのシューベルト音楽院にて研鑽を積む。学内リサイタルの他、教会やロブコヴィッツ宮殿での室内楽コンサートに出演。
95年アジアユースオーケストラのメンバーとして香港、台湾、アメリカツアーに参加。オーベルストドルフにてメロスカルテットの講習会を受講し、終了演奏会に出演。その他京都フランスアカデミー、クロンベルクアカデミーなど受講。
現在フリーのチェリストとして室内楽、オーケストラを始め、幅広く活動している。

堀北さおり

堀北さおり

京都市立堀川高等学校音楽科(現・京都市立京都堀川音楽高校)を経て、国立音楽大学声楽学科卒業。
関西二期会オペラスタジオ研究所第41期修了。
ニューヨークにてTSPプログラムに参加。
京都市芸術音楽振興財団主催巡回コンサート、ニューヨークでのTSPコンサート他、多数出演。
'08,'15年にはジョイントリサイタルを開催。
劇団ひまわり京都エクステンションスタジオにて子役タレント育成の講師を経て、現在は、京都市立中学校の非常勤講師として音楽科指導、ソロやアンサンブルでの演奏活動および後進の指導にも尽力している。

松谷 薫

松谷 薫

大阪芸術大学演奏学科ピアノ専攻卒業。
京都新人演奏会、全国読売新人演奏会出演。ウィーン国立音楽大学夏期講習に参加。モーツァルト室内管弦楽団とコンツェルト協演。シリーズ「室内楽の夕べ」にてバイオリンの久合田緑氏,チェロの河野文昭氏との協演。ボランティアで僻地校への演奏活動。福祉の町でのチャリティーコンサート。京都南区役所における文化フォーラムなど多数出演。文化フォーラムや,パンダ園(心臓病の子どものための共同保育所)にて、毎月ミニ音楽会を企画。音楽によって社会に還元できることは何かを考えている。日本ピアノ教育連盟会員,日本音楽療法学会員。

三木めぐみ

三木めぐみ

同志社女子大学学芸学部音楽学科音楽学専攻卒業。
みき音楽教室代表。ダルクローズの教育原理、アイデアを用いた指導を行っている。
元公立学校教諭。ダルクローズエレメンタリー取得。日本ジャック=ダルクローズ協会会員。

山口友寛

山口友寛

京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻卒業。同大学院修了。
大学院在学中、大学派遣にてブレーメン芸術大学に留学。
その後、HAL大阪ミュージック学科にてコンピューターを使用した作曲、録音、編集等の音楽制作全般を学ぶ。
現在、京都市立芸術大学非常勤講師。

山本紗佑里

山本紗佑里

京都市立音楽高等学校(現、京都市立京都堀川音楽高等学校)を経て、 京都市立芸術大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒業。
京都ピアノコンクールにて金賞を受賞。
アジアクラシック音楽コンサートにて銀賞を受賞。
府民ホールアルティでの「銀の星たちジョイントリサイタル」、 京都芸術祭「デビューコンサート」等に出演するほか、 姉妹でのピアノデュオにも取り組み、「我ら、皆、よき音の世界を」 「京都堀川音楽高等学校移転記念オープニングコンサート」等に出演するなど、 ソロやアンサンブル、合唱団の伴奏等で演奏活動を行っている。
現在、京都市立京都堀川音楽高等学校非常勤講師、大谷大学短期大学部非常勤講師。

↑ページの先頭へもどる

毎週土曜日開講