京都子供の音楽教室

TEL (075) 255-4262
FAX (075) 255-4272

お問い合わせ

アクセス

よくあるご質問

リンク

必修科目

Home > 授業内容 > 必修科目

基本クラス 合唱 合奏 リトミック 幼児 ASクラス 選択科目のページへ

基礎教育

基本クラスの様子

音楽の基礎的な能力を、<聴音><視唱><楽典>を通して身に付け、音楽で自己表現するよろこびを育てていきます。

聴音 メロディーやハーモニーを聴き取ることで音感を養い、音楽を楽譜に書き取る能力を育てます。
視唱 階名唱(ドレミで歌うこと)で正しく歌う能力を育てます。
楽典 調性・和音のしくみ・音程など、音楽理論の基礎をまなびます。

基本クラスの授業では,数名ずつのグループに分かれ,聴音・視唱・楽典を通して音楽の基礎を学習しています。
「聴音」は演奏された音楽を耳で聴き,身体や脳で理解し,譜面に表します。一方,「視唱」は譜面を見て身体や脳で理解し,演奏します。 「楽典」では、音楽理論を通して音楽の理解を深めます。聴覚・視覚・身体・脳のバランスをうまくとりながら, 心で音楽を感じ取り,より深く音楽を愛せる人がひとりでも多くなるよう願って授業を行っています。

指導教員の紹介

合唱 (B合唱、A合唱)

合唱クラスの様子

合唱の授業は、音楽とハーモニーの実体験、実践を目的に年齢に応じたクラス編成で行っています。 B合唱は、幼児年中から小学4年生までを対象とし、年齢や在籍年数によりさらにクラスを分けています。 子どもらしく響きのある声を大切に、歌うことの楽しさを感じるところからはじまり、簡単な二部合唱を教材に合唱の基礎を身につけていきます。 A合唱は、4年生から高校生までを対象とし、幅広い年齢層を有していることから、初級程度から中上級程度(有名合唱曲の実体験)の3部合唱曲を教材として、 声によるハーモニーの美しさを実践的に学んでいきます。

■ 指揮者 (小林 裕.) からのメッセージ

 私は京都市少年合唱団に小学5年生から中学3年生の卒団まで在籍しました。 そのころの京都市少年合唱団は京都市交響楽団などとの共演も多く、アカデミックな合唱曲に触れること、 多感なこの時期のこれらの経験は私の人生に大きな道を開くこととなりました。
合唱に携わり、合唱指揮者となることを夢見て、この世界に入ることになったのです。 私は合唱こそ、メロディー、リズム、ハーモニーといったいわゆる音楽の三大要素を経験し学ぶことが出来る、“音楽の原点”だと思っています。
また、歌を基本としているところから、様々なジャンルの音楽に触れることが出来ます。私は“音楽にジャンルに因る優劣はない”と考えています。
モーツァルトが素晴らしいのは当然ですが、ビートルズも素晴らしいです。 当然幼い頃にしなければいけない基礎音感教育は重要であり、やるべきものだと思いますが、 先ず音楽を経験し、柔軟に愛する心を育むことが音楽を専門に、音楽で生きていく人、音楽愛好家を育成する上で最も大切なことだと思います。
私はそういった意味でも、京都子どもの音楽教室に於いての合唱の授業は大切な部分を担っており、貢献していると自負しております。 と、堅いことばかり書いてしまいましたが…。
 毎回、定期演奏会やスプリングコンサートなどで指揮をさせて頂くときに感じることは、 結局一番気持ちの良い、素晴らしい思いをしているのは私なのではないかということです。 講師あるいは教師といった感覚ではなく、一演奏家として大人の合唱団を指揮するときと同じ感覚で舞台に上がっています。 音楽に没頭しています。子ども達の、いわゆる、“本番での化け”は目を見張るものがあります。
子ども達の可能性は無限です!!
いつも、本番はこちらが感動させられてしまいますし、何だか、こちらが学ばせてもらっているような気がします。 決して“芽摘み”だけはしてはいけないと、ふんどしを引き締める今日この頃です。

指導教員の紹介

↑ページの先頭へもどる

弦楽合奏  年長〜高校3年生対象(年齢に応じて、クラスがAとBに分かれます)

合奏クラスの様子

ヴァイオリンとチェロを中心とした弦楽合奏で、年長から小学4年生までのB合奏、小学4年生から高校3年生までのA合奏に分かれています。
(小学4年生は、各自の進度によりA合奏かB合奏を選択することができます)
足りないパートは京都市立芸術大学のお兄さんやお姉さん方にお手伝いをしてもらい、毎年、定期演奏会とスプリングコンサートかオペレッタの2回の演奏会に出演します。
各クラスにふさわしい合奏技術の習得と、仲間とともに音楽を作る喜びを感じられることを目標にしています。

■ 指揮者 (谷 光信) からのメッセージ

 現在、オーケストラの指揮・指導をして強く感じることは、生徒達が真剣に音楽と向き合っているという事であり、とても嬉しく思います。 授業では「お互いの存在を意識して合わせる事」を指導しています。独奏の時とは全く違う難しさを実感しているようです。 それは調和であり、また主張であると思います。
 これから一人の音楽家として成長し、多くの出会いを経験するだろう生徒達にとって、この教室での経験がプラスになればと思っています。 その為にはプロのオーケストラを指揮するときと全く同じ緊張感を常に持たなければなりません。それだけ私達指導者は責任があると感じるからです。 楽譜に向き合うということは自分と向き合うことです。自立するきっかけにもなり得るのです。 毎回の授業の中で新鮮な感動を与えられるように、さらに工夫をしていきたいと思っています。 オーケストラを指揮する時にいつも心がけるのは、 どの時代の作品であるか どのような意味を持つのか どのような形式であるか等々、 多くの事に興味を持ってもらうようにしています。 しかし一番大切なのはそれら全てを考えた結果、「自分がどのように演奏したいのか!」であり、それを導けるようにつとめて指導していきたいと思っております。 新しい音楽に出会い多くの発見を得られるような一年にしたいと思います。音楽教室の皆様、保護者の皆様、どうぞ本年度も宜しくお願い致します。

指導教員の紹介

↑ページの先頭へもどる

リトミック  年少〜小4対象

音を聴いて、感じ、身体全体で使って音楽を理解するリトミックは、音楽をとおして心身ともに豊かな人間を育てようとするものです。 心の底からわき出てくるような喜び、うれしさ、楽しさは、感性を高めます。 そうした体験が、情感豊かな音楽を創り、演奏する喜びにもつながります。
リトミックでは、音楽を多元的に学び、音楽を奏でる身体を育てるのです。
スイスの作曲家エミール・ジャック・ダルクローズの理念を踏まえ、表現力・創造性・想像力・協調性・集中力を養い、 子どもたちが心と身体の調和のとれた豊かな人間になるお手伝いをします。

指導教員の紹介

↑ページの先頭へもどる

幼児クラス

 幼児クラスは年中・年長を対象に授業を行っています。 音楽教育に最も必要な、「聴く・理解する・感じとる・表現する力」を習得するために、年齢に合わせていろいろな角度から授業を行います。 音楽だけに限らず、人として生きていくうえで「見る」「聴く」「触れる」そして「感じて感動する」ことは大切なことです。 感じて感動する心を育てることが、理解力や想像力、ものを創り出す力を培うことにつながっていきます。 また、直接見たり聴いたりすることによって、集中力を高め、表現力、行動力へと導かれていきます。 これを「音」を通して、幼児に伝えていきたいと思っています。
 幼児期に適切である模倣活動を充分に取り入れ、次のクラスにつながるように授業を組み立てています。
 初めは、手遊びやリズム遊び、また、ピアノや先生が歌うメロディーをリピートしたりと、身体を使ったり声を出したりすることが中心です。 音符を書く導入として、サインペンでいろいろな色を使って、シャボン玉のように色々な円(まる)を書くことから始め、 順を追って徐々に五線に音符を書けるように指導していきます。 各クラスの進度にあわせて、ピアノのメロディーを聴いて歌う、8小節程度の譜面を見て歌う、8小節程度のメロディーを聴いて 五線に書き取り楽譜にすることができるようになることを目標に、授業を進めていきます。 また、二つの音の聴き取りから始め、ドミソ・シレソ・ドファラの和音の聴き分け、さらに転回形・属七の和音までの聴き分けを目標に、 クラスの進度にあわせて、和音の聴き取り書き取りも進めていきます。

指導教員の紹介

↑ページの先頭へもどる

ASクラス

ASクラスは、将来音楽の道に進みたいという希望を持っている中学3年生を対象にしたクラスです。 音楽高校への受験準備クラスとして、『聴音・視唱・音楽理論』の3つの授業を基本に授業をしています。 毎週約2時間の授業や、希望者には夏期・冬期講習も行っています。
聴音では、受験で求められる旋律・和声の内容をベースに、音楽の道に進んだ時にも役立つような、様々なかたちの音楽の聴き取り方を学んでいきます。 調性を考えながら音を確実にとらえる・複雑なリズムをしっかりと拍にのってとらえる・和声の音の重なりを聴き分けるなど、 音楽を『聴く』『理解する』『書く』ことを、よりスムーズにつないでいく大切な訓練を行っています。
視唱では、コールユーブンゲンと新曲視唱を主に、『読む』『理解する』『曲をイメージする』『歌う』と、 演奏する時にも役に立つような指導を心掛けて授業を行っています。
音楽理論では、楽典だけでなく音楽史も交えて、基礎の中から必要度の高いものを重点的に取り入れて授業を進めていきます。 音楽史では、作曲家とその時代背景、主な作品等を学び、西洋音楽の歴史を演奏などにも取り入れられるように勉強していきます。
同じ目標を持った、様々な専攻の楽器の仲間たちと、共に切磋琢磨しながら1年間を過ごせることは、大変貴重な経験になることでしょう。

指導教員の紹介

↑ページの先頭へもどる

毎週土曜日開講